申請代行サービスを利用する

申請に不安がある方の強い味方!

 古物商許可を取得する方々の状況は色々あると思いますので、中にはお相手が警察署であることで申請手続きがよくわからないとか、本業が忙しくて警察署に行く時間が取れないなど、手続きに色々と手間や時間がかかって難しい場合があります。
 そもそも取り扱う品目も、古物営業法施行規則により以下のとおり13品目もあり、どのように選択しいくつ取得するかで悩む可能性もあります。
(1)美術品類       (2)衣類       (3)時計・宝飾品類       (4)自動車        (5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類       (7)写真機類     (8)事務機器類
(9)機械工具類      (10)道具類      (11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍         (13)金券類

 そこで、そのような方に強い味方となる、行政書士による代行サービスというものがあります。代行サービスでは、手続きに慣れた行政書士が事業開始の相談から警察署への確認、申請手続きや必要となる書類の取得、申請実手続きに至るまでサポート・代行します。


 もちろんサービス料が発生しますが、全てを任せるのではなく、ご自分で出来る範囲は行い、難しい部分は行政書士に任せるなど、分担により料金も変わってくると思いますので、まずは代行業務を行っている行政書士にご相談されてみてはいかがでしょうか。恐らく起業に至るまで相談も可能と思いますので、きっと強い味方となってくれるでしょう。