しっかり覚えておこう 「古物商許可」とは?

中古商品の売買で商売中、またはこれから起業される方へ

 中古品をお店やネット上で売買されている方々、「古物商許可」というものをご存知でしょうか?

 例えば、ネットオークションでご自分の趣向で他の人のもの(いわゆる古物、中古品)を買ったり、また、自分のもの(使用品、未使用品含む)を出品して売るような場合は、一般的に許可など不要ですが、これが営利目的に他人のものを沢山買い、それをまた別の人に売って利益を得るような行為には、「古物商許可」と呼ばれる、いわゆる「免許」が必要になってくる場合があります。
では、どこまでが許可が不要で、どこからが許可が必要なのか。また、古物商許可を得るためにはどうしたらよいか、を本サイトで紹介していきます。

古物商許可とは?

 古物商といわれると、骨董品やアンティーク商品を扱うお店で商売するという、何だか古めかしいイメージがありますが、そこにはきちんとした立派な法律に基づいて、許可証を得た主のみが商売できることになっています。

 もし、ご自分の趣味で集めたものや不用品をフリーマーケットなどで売ること、つまり出品物の出所がはっきりしているものの販売では基本的に許可証が不要ですが、これが他人から買ったもの、つまり出所がさかのぼって不明確なものとなると、話が違ってきます。
もしそれが盗難品で被害届が出ているものだとしたら、大変な事件に巻き込まれる可能性があります。知らない間にその犯罪に加担していると、根も葉もない疑いを掛けられ取り調べを受ける羽目になるかもしれません。そんな事態にならないためにも、その法律に基づいた許可証をしっかり取得して、堂々と商売をやっていきたいと思いませんか?
 そのために、本サイトでは「古物商許可」の基本事項を学んで行きたいと思います。

古物商許可に関する情報リンク

古物商の許可を取得したい方に、参考になるサイトの情報をご紹介します。
古物商許可申請書取得支援センター